スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告


視察ツアーを終えて

パッシブハウス視察ツアーを終えて、先日紅葉まっさかりの南ドイツから鎌倉に戻ったところ、なんと家の中の寒いこと!ペアガラスの外断熱住宅で暮らしたヨーロッパ生活を終え、これほど(家の中が)厳しい冬を迎えるのは10年ぶりなのである。あまりに久し振りなので想像以上のストレスである。あまりに着ぶくれて100年の恋も冷めるというものだ。今回のツアーで訪問したパッシブハウスのオーナー達は、皆これ以下の性能の建物にはもう住めないと断言していた。ミュンヘン郊外のパッシブハウス仕様の学校を見学した際には、参加者の皆さんから、”こんな学校で学べる子供達は本当に恵まれているな・・”、というため息がこぼれた。この学校建築に関しては、空間の豊かさは言うまでもなく、コストアップどころかコストダウンを達成したというので私たちは本当に度肝を抜かれてしまった。意匠と省エネ性能は決して相反するものでは無い、そんな強いメッセージを放つ事例を体験することができたことは素晴らしかった。指先が悴んできたので本日はここまで。
P1030581.jpg

スポンサーサイト

2009.11.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) |  ひとりごと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。